真田ナオキ[プロフィール] / TEICHIKU RECORDS

真田ナオキ
TEICHIKU RECORDS / テイチクレコード

PROFILE

真田ナオキ
Naoki Sanada / さなだ なおき
真田ナオキ
真田ナオキ
生年月日 1989年12月22日(やぎ座)
出身地 埼玉県さいたま市
血液型 O型
スポーツ 空手初段(極真空手道連盟極真会館) / 野球(日本選抜選出)
趣味 野球(ヤクルトスワローズ大ファン) / 競走馬観覧
好きな言葉 精神一到
初めて買ったCD モーツァルト

小学生~中学生生活を空手・野球に捧げ、全力を注ぎ込む毎日を送った後建築業に就く。

19歳の時家族から歌手の道を強く勧められたが、頑なに拒む日々が続き約2年が経ち人生を変える出来事が起きる~2011年3月の東日本大震災。多くの歌手による被災地訪問に心を動かされ歌手への道を決断。とにかく人に聞いてもらえる声を作りたい…この一心で人気のない海辺で喉をつぶし強い歌声にする日々を送る。

2015年にのちの師匠となる吉幾三を前にして歌う千載一遇のチャンスをつかみ、2016年4月「れい子」(作詞・作曲:吉幾三)でデビュー、翌2017年6月、第2弾「別れの夜明け」を発売。2018年4月にはファーストアルバム「メイド イン ナオキ」を発売。レコ発ライブとして初の東京・名古屋・大阪ライブツアーが完売となり追加公演として7月さいたま、水戸、仙台、横浜を実施する。2018年9月第3弾「酔いのブルース」(作詞・作曲:吉幾三)を発売、オリコン演歌・歌謡ランキング初登場5位にランクイン。

2019年6月にテイチクレコードへ移籍。2020年1月に移籍後初となるシングル「恵比寿」西口盤・東口盤の2形態を同時発売。