528Hzシリーズ[ACOON HIBINO プロフィール] / TEICHIKU ENTERTAINMENT

528Hzシリーズ
TEICHIKU INTERNATIONAL / テイチクインターナショナル

PROFILE

ACOON HIBINO
エイコン・ヒビノ
ACOON HIBINO
ACOON HIBINO

1961年 滋賀県生まれ

1981年 関西学院大学在学中より本格的にピアノと作曲を始める。

2013年 世界でも手付かずだった528Hzの響きを生かした演奏活動を開始。

2015年 1月テイチクエンタテインメントより、フルアルバム『心と体を整える~愛の周波数528Hz~』でメジャー・デビュー。7月『自律神経を整える音の処方箋~愛の周波数528Hz~』リリース。528Hzを音楽理論や医学的観点から作曲。その手法が高く評価され、両作品が第57回 日本レコード大賞 《企画賞》を受賞する。

528Hzを使用した独自の作曲方法により「機能を持つ音楽」を確立する。

《目に見えないもの》を音楽にする手法で作曲を続ける中、音での表現だけではなく絵画での表現方法に目醒め、2018年より油絵を始める。空想の世界や潜在意識によって見えてくる"細胞"や"地球の生き物"にインスパイアされながら創作活動を続け"TURUGI"(ツルギ)という画号で2021年『聴く絵画展』という唯一無二の絵画展を各地で開催し反響を呼んでいる。

2022年3月8日 書下ろしの新曲「古(いにしえ)への架け橋」を薬師寺に奉納。