箱根登山鉄道:TEBD-18110 / テイチク鉄道ビデオ[DVD・ブルーレイ]

MAIN CONTENTS

PRODUCT INFROMATION

箱根登山鉄道
  • 小田原~強羅
クロニクルシリーズ

ジャケット写真

箱根登山鉄道は、昔からの観光地域へのルートとして、昭和10年(1935年)に小田原~強羅間11駅15.0kmの路線を開業しました。特に箱根湯本~強羅の山線区間では最大80‰(パーミル、1000分の80)の勾配を走り、3回もスイッチバックして標高差527mを登っていきます。

車両も特殊なため、古くは箱根登山鉄道の前身時代にあたる大正8年(1919年)から昭和10年(1935年)にかけて製造された車両を更新しながら使っていましたが、昭和56年(1981年)に46年ぶりの新車が製造されました。旧・新形共に屋根上の厳めしい抵抗器や車両前後の水タンク、4重のブレーキなど天下の険を走るための装備が15m級の短い車体に満載されている様子は、まさしく山登りのスペシャリストの感があります。

現在は、箱根湯本~強羅間で3両運転が行われて配線の一部が変更されていますが、この展望ビデオは2両運転当時の貴重な映像となっています。

プレビュー動画

Teichiku Music Channel / YouTube
https://youtu.be/e5xLcQJ7_aE

主な内容

  • 運転室展望

商品データ

シリーズクロニクルシリーズ
タイトル箱根登山鉄道
収録区間
  • 小田原~強羅
発売日2011年9月21日
価格¥1,714+税
商品番号TEBD-18110
メディアDVD
映像比率16:9(※本商品は当時の4:3映像を16:9サイズに再編集しています)
収録時間約60分
撮影日
  • 1988年

停車駅

  • 小田原
  • 箱根板橋
  • 風祭
  • 入生田
  • 箱根湯本
  • 塔ノ沢
  • 大平台
  • 宮ノ下
  • 小涌谷
  • 彫刻の森
  • 強羅

インフォメーション

  • 「クロニクルシリーズ」…過去のVHSのみの発売商品の中から貴重な映像を収録した作品をDVD化した商品です。
  • 16:9サイズの画面で再生する場合、中央に4:3の映像が映り、両側は黒い帯となります。

前後のページを参照する

ニューリリース

もっと見る

Facebook コメント

PAGE INFO

閲覧中:?