臼沢みさき(うすざわ みさき)


CONTENTS

HOT INFORMATION

INFORMATION


TOPICS

臼澤みさき 5thシングル「SHINE north」2015年3月18日(水)発売!!
2015-02-27

「SHINE north」 ジャケット写真

シングル
SHINE north
2015年3月18日(水)発売

東北の未来、そして日本中を照らす、どこまでも広がる輝く歌声

岩手県に生まれ、自身の音楽的ルーツである「民謡」と「ポップス」を融合させた独自の世界を「里唄」と称し活動するシンガー臼澤みさき。
新曲「SHINE north」は、東北の長く厳しい冬から春の訪れを告げる眩い光が、東北の風景、そして未来をも照らすような壮大な曲に仕上がりました。

商品情報

  • 【発売日】2015年3月18日(水)
  • 【品番】TECA-12592
  • 【価格】定価:¥1,143+税

収録楽曲

  1. SHINE north
  2. おかえり
  3. SHINE north(オリジナルカラオケ)
  4. おかえり(オリジナルカラオケ)

臼澤みさきが歌う "里唄" とは

岩手には、多くの民謡や音楽、芸能が伝承されている。それは、厳しい自然の中で働き、暮らしを営んできた先人たちの喜怒哀楽や祈りの結晶である。民謡や囃子を耳にすると、なぜか懐かしい気持ちにとらわれることがある。今を生きる人々のDNAの中に、そうした音の記憶が組み込まれているからだ。

臼澤みさきは、岩手に生まれ育ち、幼い頃から岩手の民謡にふれてきた。唄うときに目に浮かぶのは、ふるさとの海や里山の風景であるという。臼澤の声を聴いた人たちの脳裏には、思い思いの風景が映像を結び、「ふるさとを想う気持ち」が高まる。民謡のこぶしが、さらに望郷の心を震わせる。

岩手で育った声から生まれる、ふるさとへの共感。それが「里唄」である。