弦 哲也 / TEICHIKU RECORDS

HISTORY

MAIN IMAGE

TOPICS

ARTICLE

音楽生活50周年を迎えた弦 哲也の軌跡をたどるアルバム「作曲家 弦 哲也の世界」2015年12月16日(水)発売!!
  • リリース情報
  • 特典情報
  • メディア情報
  • イベント情報
  • キャンペーン情報
  • その他

弦 哲也

作曲家 弦 哲也の世界

2015年12月16日(水)発売

ジャケット
ジャケット

音楽生活50周年を迎えた弦 哲也の軌跡をたどるアルバム!!

日本歌謡史の歴史に残るヒットメーカー・弦 哲也の数々の名曲、ヒット曲を凝縮した珠玉のアルバム!
作曲家として世に送り出した大ヒット曲をオリジナル歌手の音源で収録。さらに、自身のシングル曲やセルフカバー曲まで収録した贅沢な1枚です。

商品データ

  • TECE-3366 / 定価:¥2,778+税 / アルバムCD

詳細は discography をご覧下さい。

ARTICLE

弦 哲也 音楽生活50周年記念曲「犬吠埼~おれの故郷~」リリースコメント到着!!
  • リリース情報
  • 特典情報
  • メディア情報
  • イベント情報
  • キャンペーン情報
  • その他

音楽生活50周年記念の新曲「犬吠埼~おれの故郷~」をリリースした弦 哲也のコメント映像が到着しました。

弦 哲也 / 「犬吠埼~おれの故郷~」リリースコメント

ARTICLE

弦 哲也 音楽生活50周年記念シングル「犬吠埼~おれの故郷~」2015年2月18日(水)発売!!
  • リリース情報
  • 特典情報
  • メディア情報
  • イベント情報
  • キャンペーン情報
  • その他

弦 哲也

犬吠埼~おれの故郷~

2015年2月18日(水)発売

ジャケット
ジャケット

弦 哲也 音楽生活50周年記念曲!

故郷・千葉県銚子を自ら綴った情景に、五木ひろし氏が作曲。演歌ファン・カラオケファンを魅了する楽曲が誕生!!

商品データ

  • TECA-13582 / 定価:¥1,204+税 / シングルCD

収録内容

  1. 犬吠埼~おれの故郷~
  2. 友よ、
  3. 我、いまだ旅の途中
  4. 犬吠埼~おれの故郷~(オリジナル・カラオケ)
  5. 友よ、(オリジナル・カラオケ)
  6. 我、いまだ旅の途中(オリジナル・カラオケ)

詳細は discography をご覧下さい。


弦 哲也 / 犬吠埼~おれの故郷~

五木ひろしコメント

昨年の9月、弦先生から作曲の依頼を受けました。
弦先生ご自身が故郷への思いを作詞し、私が作曲をということで驚きました。
私に3連のリズムパターンで作って欲しいというご依頼でした。
大変恐縮しましたけれど、引き受けさせていただくこととなりました。
改めて詞を読ませていただき、感動して、私なりに弦先生が歌う姿を思い浮かべながら、
そして、犬吠埼というイメージを想像しながら曲を作りました。
弦先生も大変喜んでくださり、レコーディングの時もとても感動的でした。
私の音楽生活のなかでも貴重なひと時でした。
お互いに約50年、音楽の道を歩んできた男同士の友情で出来上がった作品です。

五木ひろし

音楽生活50周年記念曲の誕生について

札幌のホテルでした。私と五木ひろしさん、川中美幸さんの三人が一緒の旅をしました。ホテルのバーで歌談議が始まります。今の演歌の現状は?今後の活動は?老後は?…笑。
決まって三人は熱く語る。その中で「五木さんの50周年、精力的に活動してますね」と私。「来年は弦さんの番だね」と五木さん、川中さん。 「実は50周年記念曲を作りたいと思っているんです。詩は私が書きます。五木さん曲を書いてくれない?」と私が切り出すと「え?僕でいいの」と五木さん。 「そう、五木さんに初めて作ったのが五木さんの10周年記念曲。五木さんの故郷、福井県を唄った『越前有情』そして『人生かくれんぼ』だから、そのお返しに私の50周年記念曲をお願いしたい」と私。 傍で聞いていた川中さんが「いい話じゃない。私にも何か手伝わせて。セリフない?CDジャケットのタイトル文字書こうか?」となって、いよいよそれが本決まりになってしまう。

久しぶりに私は詩を書いた。タイトル「犬吠埼~おれの故郷~」私の故郷、千葉県銚子が舞台である。 50周年を振り返る時、沢山の皆さんに背中を押されて歩んで来た歌の道。その総ての方々に感謝の気持ちは忘れることはないが、近くて遠い、遠くて近い故郷の存在は私にとって大きかったことは事実。 その故郷を象徴するのが犬吠埼。喜びも悲しみも全部見つめてくれていた灯台。ずっと照らし続けてくれていた灯台。友よ達者か?年老いた父は?この50年は通過点。歌作りの情熱がある以上、もう少し旅を続けてみたい。 もう少し見守っていてほしい。そんな思いの込もった詩を書いてみた。もちろん作曲は五木さん。タイトル題字は川中さん。札幌のホテルのあの約束が果たされた。そんな友情で完成した50周年記念曲「犬吠埼~おれの故郷~」。

加えて、このCDには私のレギュラー番組の一つ、テレビ金沢「弦 哲也 旅のココロ」より誕生した作品「友よ、」と「我、未だ旅の途中」の2曲が収録されることになった。 特に「我、未だ旅の途中」は私の息子、田村武也が詩を書いてくれたもの。そして今年一年のテーマでもあるのです。

ちなみに犬吠埼灯台は造られて141年目になります。先の戦争でも殉職者を出しながらも沖を行く戦地に向かう戦艦を照らし続けた灯台でもある。 雨に打たれても風に吹かれてもじっと海を守り通す灯台。歌謡界においてほんの一筋でもいい灯りを届けられればいいと思う今日この頃です。

弦 哲也