どぶろっく・どぶろっかーず[「もしかしてだけど、バンドアルバム」ロングインタビュー] / TEICHIKU RECORDS

どぶろっく・どぶろっかーず
TEICHIKU RECORDS / テイチクレコード

LINER NOTES

人生を聴くプロがとらえた、どぶろっかーずの真実の姿。
「もしかしてだけど、バンドアルバム」発売記念、インタビュー全文掲載

(3 / 3 ページ)

どぶろっかーず メンバー(写真 左から)

  • 樋口太陽(G)⇒(以降:太陽)
  • 木村亮一(B)⇒(以降:木村)
  • 森慎太郎(Vo,G)⇒(以降:森)
  • 江口直人(Vo)⇒(以降:江口)
  • 中村 皓(Dr)⇒(以降:中村)
  • 樋口聖典(G)⇒(以降:樋口)

どぶろっかーずの詳しいプロフィールは こちら


越智孝之

インタビュアー:越智孝之(おちたかゆき)

1982年、宮城県仙台市生まれ、広島県育ち。
大学では現代音楽を専攻。その後、大手IT企業に就職したものの、うつ病になり退職。その過程でコーチングを学び、2013年に独立。2年で300人以上のクライアントと向き合う。話を聴くプロフェッショナル。こころの境界線研究所 所長。

関連リンク


前へ 1 2 3 次へ

3 / 3 ページ


アルバム制作秘話

―ちなみに、今回のアルバムでは、メンバーのみなさんが担当曲をもっていたということなんですが、どうしてそういうスタイルになったんですか?

樋口:ぶっちゃけていうと、効率的な面が一番でしたね。どぶろっかーずってそれぞれが別の仕事をしながらの活動なので、こういう形が一番自然だったんです。

中村:もちろん、それもあるんですけど、僕自身の思いをいうと、モノをつくるときに、多数決ってあんまり良くないと思っているんです。例えば、6人の内の誰かが反対してるものがあって、その思いが強いのであれば、僕はそっちを取るべきだと思うんですね。
そのほうが、絶対バンドとしての味が出るんです。たしかにみんなでやる良さもあるんですけど、一人が責任をもってやることでうまれるパワーってあるんですよね。このメンバーなら、変な方向にいかないだろうという信頼感もありますし、担当を決めるっていうのは、僕の中でそういう意味がありましたね。

―では、このアルバムは、みなさんのどういう思いの結晶なんでしょうか?

江口:はい、ここはリーダー。

―こういうときこそリーダー(笑)。

森:今回、みんながそれぞれの力をつかって、みんな真剣にやったんですよ。誰もふざけてないんです。ただ、出来上がったものは、結果的にふざけてる形になったんですね。でも、みんなその「ふざけ」に対して、真剣に取り組んだんです。だから、このアルバムは僕らの「いい音楽にしたい、いい歌詞にしたい、いいメロディーにしたい」って思いの結晶なんじゃないかと思うんですよね。

木村:確かに、これをカッコ悪いと思っているメンバーは誰もいないんですよ。ただ、結果エロかったってだけで。

一同:うんうん。

森:唯一ふざけてたのは、僕の曲(モリンプロヴィゼーション)だったんですけど(笑)。

一同:そんなことない(笑)。

中村:つくっていく過程で強く感じたのは、エロを突き詰めると、愛になるんだってことでした。それに気づけたことが、アルバムに関わった一番の収穫だったなと思います。例えば「ずっとずっとありがとう。」とか。一番だけ聞くと「チチクリあう」っていう言葉のパワーが強いけど、最後まで聞くと、愛を感じちゃうんですよね。そして、それを冗談ではなく自信をもって断言できるアルバムなんです。

―中村さんのいわれる「愛」っていうキーワードは、すごくしっくりくる表現だと思うんですよね。で、その愛は誰が持っているものかっていうと、モテない男性なんだと私は思いました(笑)。

一同:(笑)

―もっと細かくいうと、30代のモテない男性が全力で愛を訴えたアルバムっていう風に私は捉えています。

森:それ、いいですね!モテない男って、人のことを嫌いになったり、周りのせいにしたりしがちじゃないですか?それでも愛を訴えている。まさにそこを表現してるんです。

―その男性の中には、すごくザラザラした思いがあるんだけど、でもその中に純度の高い愛があって、それを全部の曲で表現してるような気がしています。

江口:そうなんです。だから、このアルバムは、性犯罪を犯す前に聞いて欲しいんです(笑)。アダルトビデオっていうのも、そういうガス抜き的な側面があると思うんですね。アプローチは違うんですけど、そういう恵まれてない男たちの救いって感じですよね。「わかるわかる、おれも一緒」みたいな。

―まさに救いですよね。共感を呼ぶ、優しいガス抜き!

木村:レンタルビデオ屋のアダルトコーナーにおいてもらえるといいかもしれないです。

一同:たしかに(笑)。

森:18禁のコーナーで、曲をかけてもらえたら嬉しいですね(笑)。

―たしかに、18歳を超えてる男性のほうが、響きそうですね(笑)。

森:そうですね(笑)。

江口:こういう風に話してて、改めて思うんですけど、僕ら、誰もやってないすごいことをやってると思うんですよね。自分でいうのもなんですけど。

樋口:たしかに。もっと僕達、モテてもいいはずなんですが(笑)。

江口:そこなんだよ。やればやるほどモテなくなっていく。それが問題だよね。

木村:たしかに、そこは最大の謎ですね(笑)。

江口:僕の中では、前のアルバムも名作だと思っているんですね。あのアルバムでは、偏った愛を笑いにできたっていう自負があるんです。
で、今回は更にその世界をどこまでかっこよくできるかに挑戦して、見事にそれを成し遂げたと思ってるんですね。前回のアルバムを受け入れられなかった人がいたとするなら、その人さえも巻き込むかっこよさまで持っていけたなと自信をもっていえますね。

―私が感じた言葉でいうと、「純度があがった」っていう印象です。エロさはそのまま、純粋さの密度があがったっていう感じの。

森:そうですね、ひたむきさですよね。

江口:いってることは前回と変わってなくて、エグいことをいってるんですけど、違うところがあって。前回は、「君のおま◯こが、ああなってこうなって……」っていってたんですけど、今回はストレートに「ま◯こ!!!!(指をさす江口)」っていう感じで、ぐっと純度をあげたところがありますよね。

樋口:そんな歌詞ありましたっけ(笑)?

江口:もうしゃらくせえみたいな(笑)。例えていうとね。

森:その例、記事に書けると思ってんの(笑)。


メンバーの目指すところ

―みなさんはバンド活動を通して、日本の音楽シーンのどんなところを目指していきたいですかね?

中村:World Hapinessみたいなフェスに呼ばれる存在を目指したいですね。そのフェスにでてる人ってミュージシャンとしての色と実力をもっているんです。でも僕らは、そのミュージシャン達と同じくらいの価値まで持っていけると思ってるんです。

樋口:僕はMステ出て、フジロック出て、ライジングサン出て、みたいな王道を歩みたいですね。やってる音楽はイロモンだけど、ちゃんとメインストリームに顔出せるような存在になりたいんです。ミスチル・サザン・どぶろっかーずみたいにいわれると最高です。

木村:たしかにそうじゃないと意味がないですよね。僕の場合は、武道館です。ビートルズだって、武道館でやったことで、色んな批判を受けたんですよね。たぶん、どぶろっかーずが武道館でやると、エロいんで、ある意味批判がおきるんだと思うんですよ。でも、歴史をつくるっていうのは、そういうことだと思ってます。

森:僕はMステ一本ですね(笑)。

太陽:僕もMステ一本ですね。

―みなさん、熱いですね。江口さんはいかがですか?

江口:僕はRIP SLYMEさんみたいになりたいですね。

木村:それ、モテたいだけじゃないですか!!!

森:RIP SLYMEさんとか、PVで、セクシーな女の子たちと共演してるじゃないですか?あのPVは撮りたいですね。

中村:僕らのPVはラブドールでしたからね。

※デビューシングル「女のかわいさはんぱない!」のPVには、多数のラブドールが出演している。

森:そうそう。彼女たちは、血が通ってない人形だから(笑)。

木村:でも、僕らはあれくらいから始めないと、刺激が強すぎるかも(笑)。

中村:「メインストリームに出たい」ってところで誤解してもらいたくないのが、僕らってすごくニッチなことをやってるバンドなんですね。もちろん、メインストリームでアルバムが売れるほうがいいんですけど、大衆性を目指している訳ではないんです。でも、それを分かった上で武道館とかMステとかのメジャーなところにどぶろっかーずの価値を認めてもらいたいんです。

樋口:やることは変えたくないんですよね、この形で認められたい。

―単に有名人になりたいっていうよりも、このバンドが持っている音楽性で世の中の多くの人にインパクトを与えたいんですね。

樋口:そうなんです。僕がなんでこのバンドをメインストリームに出したいのかを自分なりに考えたんですね。もちろん、前提として、このバンドの音楽性ってめちゃくちゃいいと思ってるんです。で、それを一人でも多くの人に勧めたい気持ちが強いんですよ。例えば、美味いものがあったら、人に食べてほしくなるじゃないですか。それと同じモチベーションなんですよね。それができないと嫌ですね。

―メンバー全員がそこを握っていることで、自然で強固な結束力が生まれている感じがします。

太陽:あと、僕が思うのが、絵とか写真とか、裸が教科書にのったりするじゃないですか?ああいうのは、エロ雑誌だったら、ダメだけど、教科書にのればアートになって。それはアートとしての太鼓判が押されてるからだと思うんですね。だから、そういう太鼓判を押されたいと思っています。音楽で、そういう太鼓判を押されることってあんまりないと思うんですよね。だから、なおのこと、そこを目指したいです。

樋口:つまりMステにでて、教科書に載りたいと。

―そういうと、だいぶ軽い感じになりますけどね(笑)。

一同:(笑)

江口:一個テーマとしてあるのは、独り身の男の物悲しさとか馬鹿らしさとか、そういうところなんですよね。だから、このアルバム聴いてもらえれば、けっこう慰められるし、元気がでると思うんですよ。
だから、ほんと「聴いてくれよ!」って思いますよね。

樋口:どぶろっかーずの曲の歌詞から、等身大の江口さんの生々しさとか体温が、ものすごく感じられるんです。僕は、そういう人間の心をリアルに表現したものが好きだし、おそらくそういうものじゃないと、人に感動やインパクトを与えられないとも思っているんです。そして、僕らの活動には既にそれがあるんです。表現に、嘘をあんまりついてないんですよね。

―世間的なミュージシャンというよりも、クリエイター的な視点ですよね。そこに芸術性を感じます。

木村:ゴッホ的なね。

一同:(笑)

江口:モテたいといいながら、モテない方向に行ってるところが、自分たちも結局好きなところですよね。でも、そういうところが可愛いじゃないかって思いもしますけどね(笑)。

木村:もうちょっと僕達を優しく、かわいがって欲しいですよね(笑)。たしかにちょっと伝え方が下手くそかもしれませんけどね。ぶつぶつ……。


どぶろっかーずからのメッセージ

―では、最後に、全員にお聞きしたいんですけど、このアルバムをどういう人に聞いてほしいですか?メッセージをお願いします!

太陽:「最近、歌詞カードを見ながらアルバムを通して聴いてないな」って思う人に、全編通して感じ入りながら、聴いて欲しいです!

中村:僕はこのアルバムを理解してくれて面白いとおもってくれる女性に届くといいなと。で、その人と結婚したいですね(笑)。僕らが伝えようとしてることって、すごくニッチだとは思うんですけど、こういう表現を面白がってくれる世の中でもあってほしいっていう気持ちもあります。今、規制が厳しくなって、表現自体が制限されてるところがありますから。

樋口:僕は、子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまで多くの人に聴いてもらいたいと思っています。僕自身、どぶろっかーずは、音楽の世界だけじゃなくて、世の中全体にパラダイムシフトを起こせる存在なんだと思ってるんです。もっといえば、それが、どぶろっかーずの役割だと思ってます。

木村:僕は、普段音楽を聴かない人とか、ライブにいかない人とか、バンドをやってない人に聴いてもらって、「あ、こんなこと歌ってるバンドがいるんだ。自分たちと同じなんだ」って思ってもらいたいです。

森:僕は、今となっては結婚しましたけども、20代後半のときに、ほんとに寂しくて死のうと思ったことがあったんですね。一人で夜の江ノ島にいって、海を見続けて……。「このまま、沖の方に歩いて行こうかな……」ってほんとに思った日があったんです。
もし、あのときに、このアルバムがあったら、そんなことせずに、引き返したと思うんですよ!やっぱりがんばろうって。
だから、今、寂しくて押しつぶされそうな男の人がいたら、一回これを聞いてほしいですね。「寂しくてもいいや」って思うことが、その寂しさを越える一番の方法だと思うんですね。
でもそれを肯定してくれる曲ってないと思うんですよ。モテるためのノウハウ本とかはありますけど。だから、ぜひそういう人たちにこのアルバムを聴いて欲しいです。心からそう願ってます。

江口:あ、わかった。このアルバムって、「現代版の『男はつらいよ』」ですよ。

―ん?もう少し!もう少しお言葉を!

一同:(笑)

江口:そういうことかもしれないなと今、思いましたね。寅さんも色んな人に恋して、振られますけど、いつも元気で、みんなを明るくしてるじゃないですか。ああいう男の人って、愛おしいし、かっこいいじゃないですか。ああいう、存在になりたいですよね。

木村:それ、江口さんそのままですよね!

江口:いや……、でも、僕、ぶっちゃけ微妙にモテちゃうので……。

一同:えー!ここまできて、モテる宣言ですか(笑)。

―えーっと、キレイにオチがついたところで、今日のインタビューはここまでです。どぶろっかーずのみなさま、ありがとうございました。ますますのご活躍を願っております!!

一同:こちらこそ、ありがとうございました!!


前へ 1 2 3 次へ

3 / 3 ページ