長谷川きよし[マイ・フェイヴァリット・ソングス:TECN-25843]

商品情報

長谷川きよし
マイ・フェイヴァリット・ソングス

マイ・フェイヴァリット・ソングス ジャケット写真

2002-10-23 / TECN-25843 / 定価:¥2,381+税 / アルバムCD

大ヒット曲「灰色の瞳」から初CD化ライヴ作品まで、フィリップス時代のアルバム収録曲を中心に、長谷川きよし自らがお気に入り作品を選曲した初のベスト・セレクション!!

  1. ひとりぼっちの詩 Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  2. うつろな秋に Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  3. 恋人のいる風景 Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  4. ジャニー・ギター Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  5. 別離 Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  6. 白い木蓮 Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  7. 古(いにしえ)坂 Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  8. 秋だから Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  9. 旅立つ秋 Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  10. 鳩笛 Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  11. むさしの(夢探忍) Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  12. 流れゆ Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  13. ダンサー Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  14. 灰色の瞳 Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  15. 黒の舟唄(live version) Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  16. 光の中に(live version) Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  17. 帰っておいで(live version) Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応
  18. そして今は Windows Media Player 音楽試聴 対応 Windows Media Player 映像視聴 対応

more information

商品解説

タイトルに偽りなし。長谷川きよし自らが、自作品の中からお気に入り曲をセレクトし、それらの曲の解説も執筆した初のベスト・コンピレーションの登場だ。
ちなみにアルバム・タイトルも長谷川きよし御本人の命名である。すでに『長谷川きよしコンプリート・シングルズ』(TECN-25599)によって、全シングル曲がCD化されていることを配慮して、シングル作品を一切除外し、アルバム収録曲のみからの選曲となっている。

8年前にオリジナル・アルバム6タイトルがCD化されたものの、現在はほとんど店頭から姿を消しているため、買い逃していたファンには朗報となるだろうし、すでに『コンプリート・シングルズ』を購入されている方にとっては、収録曲にダブりが1曲もないのも魅力だろう。

また、これまで未CD化のままだったライヴ・アルバム2作から5曲(内3曲は、長谷川が敬愛するジルベール・ベコーの作品のカヴァー)がセレクトされているのも見逃せない。
おなじみのヒット曲「黒の舟唄」のライヴ・ヴァージョンも今回初のお目見えとなった。椎名林檎もカヴァーしたヒット曲「灰色の瞳」(加藤登紀子とのデュエット)も、クロニクルでは今回が初登場。
そういった意味においては、本作と『コンプリート・シングルズ』を聴き合わせることによって、長谷川きよしの全体像みたいなものが見えてくるはずである。

text by 中村俊夫


アイコンの説明