IMPERIAL RECORDS トップ » アーティストリスト » Youjeen » ディスコグラフィー » TECI-1033

Youjeen


リリースインフォメーション

CD情報

BEWITCH
BEWITCH ジャケット写真
2002-09-26/TECI-1033/定価:¥2,900+税/アルバムCD
「Daydreamin'」「FAKE(Album version)」を含む待望の2ndアルバム。
BEWITCHは魔法をかける、魅了する、魅惑する、といった意味。
  1. Gaja!!! Windows Media Player 音楽試聴未対応 Windows Media Player 映像視聴未対応 モバイルコンテンツ 未対応
    music:室姫深
  2. Daydreamin' Windows Media Player 音楽試聴未対応 Windows Media Player 映像視聴未対応 モバイルコンテンツ 未対応
    lyrics:Youjeen, Shoko/music:室姫深, Youjeen
  3. Wait For You Windows Media Player 音楽試聴未対応 Windows Media Player 映像視聴未対応 モバイルコンテンツ 未対応
    lyrics:Youjeen, Shoko/music:Youjeen, MASAKI
  4. Dear My Friend Windows Media Player 音楽試聴未対応 Windows Media Player 映像視聴未対応 モバイルコンテンツ 未対応
    lyrics:Youjeen, Shoko/music:室姫深, Youjeen
  5. Vanishing Windows Media Player 音楽試聴未対応 Windows Media Player 映像視聴未対応 モバイルコンテンツ 未対応
    lyrics:Youjeen, 3+3/music:室姫深, Youjeen
  6. My Treasure Windows Media Player 音楽試聴未対応 Windows Media Player 映像視聴未対応 モバイルコンテンツ 未対応
    lyrics:Youjeen, Shoko/music:室姫深, Youjeen
  7. Forbidden Things Windows Media Player 音楽試聴未対応 Windows Media Player 映像視聴未対応 モバイルコンテンツ 未対応
    lyrics:Youjeen, Shoko/music:Youjeen, 室姫深
  8. Be Bad!! Windows Media Player 音楽試聴未対応 Windows Media Player 映像視聴未対応 モバイルコンテンツ 未対応
    lyrics:Youjeen, Shoko/music:室姫深, Youjeen
  9. Where Do I Go? Windows Media Player 音楽試聴未対応 Windows Media Player 映像視聴未対応 モバイルコンテンツ 未対応
    lyrics:Youjeen, Shoko/music:akitomo, Youjeen
  10. Sacrification Windows Media Player 音楽試聴未対応 Windows Media Player 映像視聴未対応 モバイルコンテンツ 未対応
    lyrics:Youjeen, 3+3/music:Youjeen, 室姫深
  11. Fake (Album Version) Windows Media Player 音楽試聴未対応 Windows Media Player 映像視聴未対応 モバイルコンテンツ 未対応
    lyrics:Youjeen/music:GARY STOUT, Youjeen/Japanese lyrics arrangement:URAN
  12. Made in Corea Windows Media Player 音楽試聴未対応 Windows Media Player 映像視聴未対応 モバイルコンテンツ 未対応
    lyrics:Youjeen, Shoko/music:室姫深, Youjeen

more information

「小悪魔」Youjeenの、「オーディナリー」という甘い罠にハマるな!!

♪Made in Corea、and I'm in Japan,I'm a red devil~
私はこの "Made in Corea" を聴いた瞬間に、Youjeenのニューアルバムは「勝ちだな」と思った。明るくてなにげない、ボーナストラックのような「自己紹介」ソングなのだけれど、「なぜ私が唄うのか」単純明快に教えてくれるというその姿に、改めて彼女の「うたぢから」を思い知らされたのだ。
1stアルバム『The Doll』がとにかく衝撃的だったのは、破壊と創造を繰り返して自爆寸前なのにもかかわらず、「自分」というものの存在を突き詰めてる彼女の「唄」と「声」と「言葉」と「姿」が、圧倒的に美しかったからである。
それがまたJの「怒涛の無妥協」サウンド・プロデュースと合体して、いつ道端でのたれ死んでも不思議じゃない「緊張のリアリティー」を生んでいた。大量生産され続けるちんたらヴォーカル物に慣れきってた我々を、一瞬にして解放してくれたのだ。たたっ斬ってくれたのだ。まさに、惨殺される快感。
そんなYoujeenだからこそ、「新作」の行方が気になった。今回もまた、いろんなとこから血を流しながら「うわーっ」と叫びながら全力疾走してたら、彼女は間違いなく死んでしまうだろう。
「あはははは。うん、だから今回はね、花を口にくわえて走り回ってるの(可愛笑)」
今回の彼女は、詞も曲も前回の1/4ぐらいの凝縮感で、嘘みたいに聴きやすい。シンプル&スマートだ。純粋に「唄」がぶっちぎりの主役で、ナイーヴな感情表現に徹している。といってもあくまでも「当社比」なのだが(笑)、あえてカリスマではなく「等身大」を試みたようだ。しかし、しかしこれがまた曲者なのである。
「より普通に日常に、は難しい(笑)。だけど、曲と言葉が微妙にズレてたり対照的だったりと、私らしいユニークさはかなり出てると思うよ」
私が思うに、このアルバムにおけるYoujeenは、徹底的に笑顔を絶やさない。しかし笑いながら怒り、笑いながら憂え、笑いながら無常感に浸るのだ。実はこの方が全然怖いぞ、おい。シビアだぞ。
Youjeen「アラニス・ヴァージョン」や「いわゆる日本のロック・ヴァージョン」の耳心地の好さに、騙されてはいけない。どうだ、"Sacrification" のヘヴィーな「終着」感は。ラヴソングなのにぃ。
等身大の聴きやすさの正体は、「小悪魔の誘い」なのだ。それもこれも「うたぢから」の成せる業、なのである。『The Doll』より、実は危険だなこりゃ。
とここまで書いた今の今、アルバムタイトルが『BEWITCH』に決定したとの連絡が入った。まさにその「小悪魔からの誘惑」に他ならないわなあ。娘、挑戦的です。
ちなみに本作は、韓国快進撃のワールドカップと並行して東京でレコーディングされた。関係者一同、赤いTシャツ姿で熱烈応援しながら。だろうなあ。
「韓国も健闘して連勝してるんだから、私もレコーディング頑張れという神の啓示が」
それはあまりにも身勝手な解釈だと思うぞ。

市川哲史(帰ってきた音楽評論家)


アイコンの説明

ページトップへ戻る


当サイトに掲載してある、あらゆる画像・音楽・映像素材の転載・転用は固くお断りいたします。