BOYS END SWING GIRL[プロフィール] / IMPERIAL RECORDS

BOYS END SWING GIRL
IMPERIAL RECORDS / インペリアルレコード

PROFILE

BOYS END SWING GIRL
ボーイズ エンド スウィング ガール
BOYS END SWING GIRL
  • 飯村昇平(Drums)
  • 鍔本隼(Guitar)
  • 冨塚大地(Vocal & Guitar)
  • 白澤直人(Bass)

BIOGRAPHY

千葉県成田市出身、メンバー全員25歳の4ピース・ロック・バンド BOYS END SWING GIRL。

小学校からの幼馴染であるヴォーカル冨塚大地とベース白澤直人を中心に2010年に結成。2012年にギター鍔本準、翌年にドラム飯村昇平が加入し、本格的に活動を開始する。

10代の頃からRO69JACKやHOTLINE、HARENOVAなど数々のコンテストで入賞し注目を集め、2016年9月に自主レーベル「NazcaRecords」より1st Mini Album『KEEP ON ROLLING』をリリース。

2017年より88Music・Village Again associationと契約し、2nd Mini Album『TRANCE』、3rd Mini Album『CLOCK』をリリース。そして同年テレビ朝日『EXシアターTV』主催の企画「ROAD TO EX2017」にて数々の対バンイベントに勝ち抜き、見事優勝。その年末に憧れのEX THEATER ROPPONGIのステージを踏む。

"ROAD TO EX初代優勝バンド" という肩書きを引っ提げ2018年にはメトロック東京などの大型フェスにも出演し、夏には4th Mini Album『NEW AGE』をリリース。ツアーファイナル公演では代官山UNITでワンマンライブを成功させる。12月には再びEXTHEATER ROPPONGI「SO FES 2018」に出演しステージ上でメジャー・デビューを宣言!大きな期待を背負い新たな一歩を踏み出す。

2019年6月アルバム『FOREVER YOUNG』にてテイチクエンタテインメント・インペリアルレコードよりついにメジャーデビュー。ヴォーカル冨塚大地の透き通りながらも力強い声、そしてメロディアスな楽曲、更には4人から発せられるグルーヴやアンサンブルを武器に、地元千葉県成田市から果ては世界を目指して活動中。