コンテンツ

PRODUCT INFORMATION

春にゴンドラ

春にゴンドラ ジャケット写真

2013-03-20 / TECI-297 / 定価:¥952+税 / マキシシングル

-映画「旅立ちの島唄~十五の春~」主題歌-

ハワイ、ブラジルなど海外での人と人との出会いで心境、楽曲に新たな息吹が吹き込まれたBEGIN。
久しぶりのシングルは、4月下旬より公開の映画「旅立ちの島唄~十五の春」の主題歌。
出会いと別れ、旅立ちという誰もが経験する普遍的なテーマの中、"見送る人""見送られる人" それぞれの視点にたったBEGINらしいメッセージソング。
カップリングには、好評発売中のニューアルバム【トロピカルフーズ】の1曲目に収録されている「ウルマメロディー」のスタジオレコーディングver.を収録。

  1. 春にゴンドラ Windows Media Player 音楽試聴対応 Windows Media Player 映像視聴対応
    作詞・作曲:比嘉栄昇 / 編曲:BEGIN
  2. ウルマメロディ Windows Media Player 音楽試聴対応 Windows Media Player 映像視聴対応
    作詞・作曲:比嘉栄昇 / 編曲:BEGIN
    新録
  3. 春にゴンドラ(カラオケ) Windows Media Player 音楽試聴対応 Windows Media Player 映像視聴対応
  4. ウルマメロディ(カラオケ) Windows Media Player 音楽試聴対応 Windows Media Player 映像視聴対応

CD-EXTRA

  • 『旅立ちの島唄~十五の春~』特別編集による "春にゴンドラ" プロモーションビデオ Windows Media Player 音楽試聴対応 Windows Media Player 映像視聴対応

more information

映画『旅立ちの島唄~十五の春~』

沖縄本島から東へ360キロにある絶海の孤島、南大東島。
島には高校がなく、15歳で島を出て、家族と離れて暮らさねばならない……。
ひとりの少女の14歳から15歳までの一年間を島唄の旋律に乗せて丹念に描き出した、
完全オリジナルストーリーによる映画作品。

ストーリー

絶海の孤島と呼ばれる南大東島。この島には高校が無い。この島で生まれ、高校に入学する子どもたちは皆15歳で旅立っていかなければならない宿命にある。
島で暮らす少女・優奈(三吉彩花)は民謡グループ "ボロジノ娘" のリーダー。3人兄妹の末っ子で、兄と姉は高校入学と同時に那覇へ旅立ち、父親(小林薫)と二人暮らし。
共に暮らす父親はサトウキビ農家の島人。母親(大竹しのぶ)は本島生まれで姉・美奈(早織)が高校へ進学する時に南大東島を出たきりだ。美奈はまだ幼い娘・メイとともに島に戻っている。兄の正志(小久保寿人)は那覇で働いている。めったに母親に逢えない寂しさ、父親を一人島に残して出て行くことへの不安、淡い恋心、バスや電車といった未知の世界への好奇心、そして将来への不安。みんなで一緒に暮らせたら、という言葉を飲み込んで、15歳の旅立ちのときが迫る…。
それぞれが悩みや不安を抱えながら、それでも前に進んでいく人々の中で、南大東島の島唄を唄い切って島を旅立つ15歳の姿を描いた感動作。

  • 【出演】三吉彩花 / 大竹しのぶ / 小林薫
    早織 / 山本舞子 / 照喜名星那 / 上原宗司 / 手島隆寛 / 小久保寿人 / 日向丈松浦祐也 / 若葉竜也 / ひーぷー / 普久原明 / 立石涼子
  • 【主題歌】『春にゴンドラ』 BEGIN
    作詞・作曲:比嘉栄昇 / 編曲:BEGIN

2013年4月27日 沖縄・桜坂劇場、5月中旬シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー!


アイコンの説明