マルシャって?

2015年、日本とブラジルは外交関係を樹立して120周年を迎えました。 現在、ブラジルには世界で最も多い、160万人もの日系人が暮らしています。そして、日本には18万人のブラジル人が暮らしています。ブラジルはまさに、最も遠くて一番近い国なのです。

ブラジル音楽といえばカーニバルを盛り上げるサンバですが、1908年に第1回日本人移民がブラジル・サントス港に着いた当時、現在のように完成されたサンバの演奏形式はまだ一般的に広まっていませんでした。その時にカーニバルで歌い踊られていた音楽が「マルシャ」なのです。

誰もが踊り出したくなるような2拍子のリズム、シンプルな歌詞のくり返しと明るさの中にも郷愁(サウダージ)を誘うメロディーが特徴で、初期の日本人移民の方々もたくさん勇気づけられたはずです。今、聞いてもどこか懐かしさを感じます。

メロディーがシンプルで綺麗なことから、一度聞けばすぐに誰でも口ずさみ、楽しむことが出来るのが最大の魅力です。 ブラジルでは子どもからお年寄り、そして初めてブラジルで踊る外国人観光客でさえも、印象的なリフレインのパートを歌います。

参加者は仮面を付けたり、手作りの衣裳を身に付けるなど、誰もがお祭りの主役となって歌や踊りを楽しみます。

多民族国家のブラジルにおいて、年齢や国籍を超えて育まれ、親しまれてきた音楽、それが「マルシャ」なのです。これまで作られた「マルシャ」の作品は数千曲と言われています。 100年前から現在まで親しまれているヒット曲だけでも200曲以上あります。

マルシャ ショーラって?

ブラジル・サンパウロ在住の坂尾英矩氏(元 在サンパウロ日本国総領事館 広報文化担当)は、日本とブラジルの架け橋となる音楽は「マルシャ」しかないと考え、半世紀をかけて大切に企画を温めてきました。

そして2013年、BEGINが2度目のブラジル公演を行った際、坂尾氏はBEGINに出会い「マルシャ」を託しました。

BEGINは家族で楽しめる新しい音楽文化を発信していこうと、ブラジルの音楽をそのまま借りるのは失礼なので、新しく自分たちなりに解釈したものにするために「マルシャ」と八重山諸島の言葉で "しようよ" という意味の「ショーラ」を合わせて「マルシャ ショーラ」と名付けました。

2014年6月29日、「マルシャ ショーラ」はBEGINとブラジルのミュージシャン、そして沖縄のミュージシャンを中心としたメンバーにより沖縄・東南植物楽園でのコンサートでスタートしました。

初めてのことに手探りの状態ながら、参加したミュージシャンもお客さんもその日、その場所にいらした方々全員が一体となって踊り、歌い、楽しみ、これまでにない高揚感を味わい、小さい一歩ながらも「マルシャ ショーラ」の可能性に確信を持つことができた記念すべき日となりました。

「マルシャ ショーラ」のスタートから約1年が経過した2015年。
BEGINはその「マルシャ」をCDに収めて全国、全世界の皆さんに紹介する機会を得ました。
それが2015年6月に発売された第一弾となるアルバム『ビギンのマルシャ ショーラ』です。
できるだけ多くの方々に参加していただき全員で楽しく、明るく、前向きに作り上げたアルバムです。

そして、BEGINのマルシャの新曲として一際輝いていたのが「バルーン」。
歌詞中の「赤い風船」は日本の国旗・日の丸の赤い部分を、「青い風船」はブラジル国旗中央部の青い地球儀の部分を表しています。

アルバム全体を通し、全編に響き渡るホーン・セクションや、マルシャのリズム・パターンを延々と叩き続けるスネアドラム、そしてスルド、パンデイロ、カバキーニョなどのブラジルの楽器が彩りを添えます。
そしてCDには曲が止まる事なくノンストップで収録されています。

比嘉栄昇はこう語る。

「昔のドーナツ盤は3分ちょっとで収めなくてはいけなくて、歌は一旦そこで終わるものみたいなイメージがあった。でも坂尾さんからいただいたマルシャのCDを聴くと、ずっと繋がっているんです。一曲終っても、ずっとリズムが残っている。サンバでも音を止めずに躍り続けていれば、疲れるんじゃなくて、逆に元気になる。その時、その空間がひとつになって、体がフワッとしてだんだん気持ちがよくなってくるんです。ランナーズハイに近い。」

今、BEGINは「マルシャ ショーラ」をコンサートでも披露しています。
これまでの日本の音楽の中にはなかった、新たな参加型の音楽スタイルとなっており、老若男女誰でも楽しめる人気コーナーとなっています。
そして、「これこそ多くの世代の方々が待ち望んでいた音楽のスタイルだったのではないか!」となる日も決して遠くないでしょう。

ジャケット

ブラジル古来のマルシャのリズムに乗せてお届けする、
日本の昭和を代表するヒット曲のノンストップ・メドレー・アルバム。
ブラジル×日本の最高のコラボレーションが実現。

BEGIN

ビギンのマルシャ ショーラ2

2017年5月24日(水)発売

TECI-1545 / 定価:¥2,315+税 / アルバムCD

  1. 上を向いて歩こう
  2. 青春サイクリング
  3. さらば青春
  4. 旅の宿
  5. 心の旅
  6. 朝まで踊ろう
  7. ランナウェイ
  8. ジュリアに傷心
  9. 銀河鉄道999
  10. 夏の終り
  11. 星空に両手を
  12. 夜空の星
  13. 恋の季節
  14. ジャパニーズ・ルンバ
  15. あなただけを
  16. バン・バン・バン
  17. 長い夜
  18. 夢の中へ
  19. 勝手にシンドバッド
  20. ラストダンスは私に

「ビギンのマルシャ ショーラ2」トレーラー

「ビギンのマルシャ ショーラ2」リリース記念ライブ 開催決定!!

"「ビギンのマルシャ ショーラ2」発売記念祭" 開催決定!!

購入特典情報はこちら